KYOEILOGIC株式会社

車庫、駐車場の事ならKYOEILOGICにお任せください。

ホームブログページ ≫ 【土地活用】駐車場に自動販売機を置く3つのメリット ≫

【土地活用】駐車場に自動販売機を置く3つのメリット

日本では、街を歩けば、必ず自動販売機を見かけます。自動販売機の国内普及率はかなり高く、売り上げも世界一といわれています。
 
通り行くすべての人をターゲットにする自動販売機は、駐車場経営との相性も良く、設置をするメリットは大いにあります。自動販売機の種類は豊富にあり、数が多ければ人目も引きます。
 
今回はそんな駐車場に自動販売機を置く3つのメリットについて解説致します。
 

駐車場には自動販売機が多い

自営の駐車場でも、コインパーキングでも自動販売機が設置してある駐車場は多いものです。それだけのメリットがある、といえるでしょう。
「ゴミが散乱してしまうのでは」と心配する声もありますが、コインパーキングならば、駐車場の管理はコインパーキング業者が行うため、土地オーナーさんに負担はありません。
 
では、自動販売機の設置メリットについてご紹介していきましょう。
 

1.利用者向けの利便性

コインパーキング利用者が、そこで飲料を購入できるため利便性が上がります。
少し前は両替機としても利用されるケースが多かったのですが、今は駐車場の精算機自体も釣り銭機能・キャッシュレス決済が普及しています。
単純にその場での飲料の購入ができること自体がメリットとなるでしょう。
 

2.飲料販売分が売り上げになる

土地に置いた自動販売機で飲料が売れると、それに応じた売上がもらえます。冒頭でもご紹介した通り、日本は自動販売機の売り上げが高い国です。駐車場の稼働が高ければ高いほど、飲料の売り上げも更に見込めます。
 
電気代は土地オーナーが持つため、差し引きとなりますが、近年は省電力の自販機も多く、以前よりも負担は少なくなっています。
 
また、設置する際に、特に場所が良い場合は「設置協賛金」という、設置に際しての一時的な契約金がもらえます。
 

3.余計な空きスペースである「デッドスペース」を埋められる

自動販売機を置くことで不要な「デッドスペース」を埋められることもメリットのひとつです。
もし、駐車場に空いているスペースがあると、そこにゴミを捨てたり、違法な駐車・駐輪をされたり、また複数人が話し込んでたまってしまう場合があります。
駐車場内の余分なスペースに自動販売機があれば、こうした事態が防げることになります。
 
土地活用、相見積もりやコインパーキング業者の選定、言い出しづらい業者との交渉まで、駐車場経営のプロとして我々が適切なアドバイスを致します。
お気軽にお問合せください。

2020年07月19日 15:14

車・駐車場トータルサポートKYOEILOGIC

所在地
〒142-0063
東京都品川区荏原5-7-8

電話番号
03-6271-5381

会社概要はこちら

モバイルサイト

KYOEILOGIC株式会社スマホサイトQRコード

KYOEILOGIC株式会社のサイトへはこちらのQRコードからどうぞ!